IBD(炎症性腸疾患)
について

IBD(炎症性腸疾患)
とは

炎症性腸疾患(Inflammatory Bowel Disease; IBD)は広い意味では腸に炎症を起こす病気全般を指しますが、狭義では「潰瘍性大腸炎」と「クローン病」を意味することが一般的です。両疾患とも原因は解明されておらず、長期間の治療を必要とする慢性疾患です。下痢や腹痛、血便(便に血が混じる)を伴うことが多く、似たような症状を生じる以下の病気と区別することが最も重要です。
大腸がん、虚血性腸炎、大腸憩室、
大腸ポリープ、腸管型ベーチェット病、
過敏性腸症候群、
感染性腸炎
(アメーバ性大腸炎、サルモネラ腸炎、
カンピロバクタ腸炎、大腸結核、細菌性赤痢、
クロストリディウム・ディフイシル腸炎、
クラミジア腸炎)など
潰瘍性大腸炎(UC)とは
大腸に炎症が起きることにより粘膜が傷つき、
腹痛や頻回の下痢、血便などの症状が生じる大腸の病気です。
病気の原因は解明されていませんが、遺伝的な要因に腸内細菌や食餌など様々な環境因子が重なり、免疫に異常をきたすことでこの病気が生じると考えられています。潰瘍性大腸炎は近年増加傾向にあり、現在全国で約22万人の患者さんがいると考えられています。男女比はほぼ同じで、発症は30歳代がピークですが、最近ではより低年齢や高齢での発症も増えてきています。
主な症状は腹痛や頻回の下痢・血便などですが、血便を伴わないこともあります。このような症状がある状態を活動期、治療により症状が治まった状態を寛解期と言いますが、この活動期と寛解期を繰り返すことがこの病気の特徴です。一度寛解期に入っても、再び大腸に炎症が生じる(再燃)ことから、再燃を予防するために長期にわたる治療が必要になります。また、大腸に炎症が生じていても症状を伴わないこともあり、さらに潰瘍性大腸炎を長期に患っている場合は炎症による発がんの危険性があるため、症状がなくとも定期的な検査を受けていただくことがとても重要です。
  • 必要な検査
    内視鏡学会専門医による苦痛の少ない内視鏡検査。
    潰瘍性大腸炎の診療では、血液検査や大腸内視鏡検査等で治療効果を定期的に評価する必要があります。札幌IBDクリニックでは3名の内視鏡学会専門医による内視鏡検査を行っており、専門性の高い検査が可能です。また、細径内視鏡や検査時のおなかの張りを最小限に抑えてくれる炭酸ガス送気装置を備えており、鎮静薬も併用して苦しくない内視鏡検査を心がけています。さらに、小型カメラが搭載された大腸カプセル内視鏡も使用可能であり、過去の大腸内視鏡検査で痛みの強かった方にも楽に受けて頂く事が可能です。(注:通常の大腸内視鏡検査と同等か、やや多めの腸管洗浄液を飲んでいただく必要がある点にご留意ください)
  • 治療方法
    それぞれの患者様に合わせた適切な治療方針をご提案。
    潰瘍性大腸炎の治療の基本は5-アミノサリチル酸(5-ASA)になります。病変の範囲により局所製剤(注腸や坐剤)と経口剤を組み合わせて治療を行います。経口剤は4種類が使用可能ですが(ペンタサ®、アサコール®、リアルダ®、サラゾピリン®)、各薬剤ごとに1日の服薬回数や剤型(錠剤や顆粒など)などに特徴があるため、札幌IBDクリニックでは患者様と相談して治療方針を決めていきます。5-ASA製剤にて効果が見られない場合はステロイドを使用することが一般的ですが、長期間の使用は副作用を誘発するため、徐々に減量、中止を考慮します。ステロイドが無効(ステロイド抵抗性)、あるいはステロイド減量に伴い症状が悪化する(ステロイド依存性)患者様においては、札幌IBDクリニックでは血球成分除去療法(GCAP)を積極的に考慮します。GCAP療法は血液を腕の静脈から体外循環させてカラムの中で血液をろ過し、特定の血液成分(顆粒球・単球)を除去することで効果を発揮する治療法であり、免疫機能を抑制することのない、安全性の高い治療法です。1回の施行時間はおよそ1時間であり計10回(1週間に2回)行います。
    ステロイドやGCAP治療が無効、あるいは寛解の維持が困難な場合には生物学的製剤(レミケード®、ヒュミラ®、シンポニー®、エンタイビオ®、ステラーラ®)や免疫調節薬(アザニン®、ロイケリン®)、低分子化合物(ゼルヤンツ®)などを考慮します。薬剤ごとの副作用の特徴をご説明したうえで、患者様の生活スタイルに合わせて治療方針を決定していきます。
クローン病(CD)とは
クローン病は口から肛門まで消化管のどの部位にも
炎症が生じる可能性のある疾患です。
原因は明らかではありませんが、遺伝的要因に腸内細菌や食餌など様々な環境因子が重なり、免疫異常をきたすことで生じると考えられています。クローン病は現在全国で約7万人の患者さんがいると考えられており、男女比は2対1で男性に多く、発症は20歳代が最も多いのが特徴です。
クローン病の症状は腹痛や頻回の下痢、血便などをきたすことが一般的ですが、進行すると腸管が硬く狭くなる(狭窄)ことで食べ物が通過できなくなり(腸閉塞)、腸管に孔があいて腸管と腸管あるいは腸管と皮膚がつながる(瘻孔形成)ことがあります。また、肛門部に病変を生じることも多く、肛門周囲に膿がたまったり(肛門周囲膿瘍)、直腸と肛門周囲に孔がつながる痔瘻などが現れることもあります。最近では腹部症状がなくとも肛門部の病変から診断に至る頻度も増えており、病気が進行する前の早い段階で診断や治療を行うことが重要であると考えられています。
  • 必要な検査
    小腸カプセル内視鏡や腹部超音波検査などを
    用いた小腸評価
    クローン病の病変は消化管のどの部位にも生じうるため、上部消化管内視鏡検査(胃カメラ)や大腸内視鏡検査に加えて、小腸の病変の評価がとても重要です。札幌IBDクリニックにおける小腸検査では、バリウムを用いた小腸造影検査やバルーン小腸内視鏡検査、小腸カプセル内視鏡検査、腹部超音波検査が施行可能であり、患者様への身体的負担がより少ない小腸カプセル内視鏡や腹部超音波検査による小腸の評価に積極的に取り組んでいます(注:小腸カプセル内視鏡はあらかじめカプセル内視鏡とほぼ同一サイズのダミーカプセルで通過を確認する必要があるため、対象にならない患者様もおります)。札幌IBDクリニックではカプセル内視鏡学会認定の指導医、認定医、読影支援技師の資格を有するスタッフが対応し、さらに消化管の超音波検査に精通した超音波検査士が2名在籍しているため、より質の高い検査を提供することができます。
  • 治療方法
    定期的な画像検査と適切なタイミングでの
    治療強化により手術を防ぐ。
    初期の段階では5-ASA製剤(クローン病ではペンタサ®とサラゾピリン®のみが使用可能です)を用いますが、これらで効果がなければステロイド経口剤を使用することが一般的であり、ステロイド経口剤は全身へ作用するプレドニゾロンと、回腸~右側大腸へ局所的に効果を発揮するブデソニド(ゼンタコート®)があります。ブデソニドは全身への副作用が抑えられることで安全性の高い薬剤ですが、いずれのステロイドを長期に使用しても寛解維持効果は認められないため、徐々に減量して中止しなければなりません。ステロイドが無効、あるいは減量や中止ができない場合には血球成分除去慮法(GCAP)や抗TNF-α抗体製剤(レミケード®、ヒュミラ®)、抗IL12/23抗体製剤(ステラーラ®)、抗α4β7インテグリン抗体製剤(エンタイビオ®)が選択されますが、患者様それぞれの病態や重症度、副作用のリスクや生活スタイルなどを総合的に判断して適切な薬剤をご提案します。クローン病は病気が進行すると狭窄や瘻孔をきたし最終的に手術を必要とする可能性があるため、そのような合併症を生じる前の早い段階で治療を強化する必要があります。症状がなくとも定期的な画像検査を行い、病変の悪化を認めた際には積極的な治療強化をすることで将来的な手術の回避につながります。